【ポケモン/旅行】コガネシティのモデルはどこ?

ポケモンはアニメ、ゲームともに長い歴史がありますね。また、主人公たちが進んだ先にたどり着く町もゲームの発売に合わせて増えていっています。

あざらしもポケモンが好きな+旅行好きな1人でして、ポケモンの各地方を実際に旅してみたい!と思っています。

ジョウト地方第5回目の今回は、主人公たちが4番目に到着する街『コガネシティ』となります!

この記事では

  • コガネシティは現実世界でどの辺か?
  • 行きたい観光地

上記の2点をまとめていこうと思います。

あざらし
あざらし

コガネシティはジョウト地方で3つ目のジム、ラジオとう、サイクルショップなどたくさんの施設がある大きな街となっています。

ラジオとうをロケット団が占拠するイベントを覚えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。。

あざらし
あざらし

今回のイラストでは、コガネジムのジムリーダーであるアカネの手持ちポケモン『ミルタンク』を描きました!

ミルタンクのころがるに相当苦戦した覚えがあります。。

ノーマルタイプって一見弱そうですが、カビゴンやこのミルタンクなどHPが高くて強いポケモンが時々いますよね。。

コガネシティはどこ?

コガネシティは、ヒワダタウンの少し西よりの北側、キキョウシティの少し南よりの西側に位置する町となります。

ヒワダタウンは和歌山県のみなべ町、キキョウシティは奈良県の奈良市としていました。

このことをふまえて、日本地図からコガネシティにあたりそうな場所を探してみます。

奈良市(キキョウシティ)から西側を見ていくと、大阪市を発見しました!

みなべ町(ヒワダタウン)から見ても、北側にしっかり位置しています。

西より・南よりなどの細かい部分は違いますが、位置としてはおおよそ妥当なのかなと思います。

また、コガネシティが大都市であるということからも、大阪市はモデルとして合っている気がしますね。

そのため、今回はコガネシティを大阪市としたいと思います!

コガネシティ⇒大阪市

あざらし
あざらし

大阪は誰もが知っている大都市なので、コガネシティにぴったりですね!

観光する場所も沢山ありそうなので、調べるのも楽しみです。

大阪市で行きたい観光地

ユニバーサルスタジオジャパン

1箇所目はユニバーサルスタジオジャパンです!

やはり、大阪に行くからには行ってみたいのがユニバーサルスタジオジャパンです。

ここは現在、10種類のエリアに分かれておりそれぞれの特徴は下記の通りです!

  1. アミティ・ビレッジ:ジョーズのアトラクションがある映画『ジョーズ』のエリア
  2. ウォーターワールド:水上スタントショーを楽しめる映画『ウォーターワールド』のエリア
  3. ジュラシック・パーク:ザ・フライング・ダイナソー、ジュラシック・パーク・ザ・ライドのアトラクションがある映画『ジュラシック・パーク』のエリア
  4. サンフランシスコ・エリア:バックドラフトのアトラクションやサンフランシスコらしいフードを食べられるレストランがあるサンフランシスコを満喫できるエリア
  5. ニューヨーク・エリア:スパイダーマンのアトラクションがある1930年代のニューヨークの街並みを再現したエリア
  6. ハリウッド・エリア:ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドなど様々なアトラクションがある1930〜1940年頃のハリウッドの街並みを再現したエリア
  7. ユニバーサル・ワンダーランド:エルモ・スヌーピー・ハローキティなどが住む街がコンセプトとなったエリア
  8. ミニオン・パーク:ミニオン・ハチャメチャ・ライドなどのアトラクションがある映画『ミニオン』のエリア
  9. ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター:ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーなどのアトラクションがある映画『ハリー・ポッター』のエリア
  10. スーパー・ニンテンドー・ワールド:マリオカート〜クッパの挑戦状〜などのアトラクションがあるゲーム『マリオ』のエリア
あざらし
あざらし

ハリー・ポッターのエリアができてしばらくしてから、一度だけUSJには行ったことがあるのですが、ミニオンのエリアやスーパー・ニンテンドー・ワールドができたようなので、また行ってみたいです!

しろいるか
しろいるか

アトラクションやエリアがとにかく多いですね。。

全て一気に楽しみたい!となると、エクスプレスパスを買ったりしないと厳しいかもしれませんね。。

ユニバーサルスタジオジャパン へのアクセス

ユニバーサルシティ駅からは徒歩5分程度で着くとのことでした!

1日歩き続けて疲れそうなので、駅から近いのはとても嬉しいですよね。。

大阪くらしの今昔館

2箇所目は大阪くらしの今昔館です!

こちらは

  • 「住まい」をテーマとした日本初の専門博物館
  • 高度な学術性をふまえ、市民の目線に立って歴史を読み解く
  • 見せる展示を超えた、体感する展示
  • 「住まいと暮らし」の情報交流拠点として集客型ミュージアムをめざす

これらの事柄を基本理念とした住まいをテーマとした博物館となっているようです。

大阪くらしの今昔館では常設展として2つ用意されており、その内容は下記の通りです。

  1. なにわ町屋の歳時記:江戸時代の天保の頃の街並み実物大に再現!商屋や長屋の様子を見ることができる
  2. モダン大阪パノラマ遊覧:精巧なからくり模型や映像明治・大正・昭和・平成の住まいとくらしの様子を見ることができる
あざらし
あざらし

どちらも面白そうではありますが、特になにわ町屋の歳時記の方が気になります!

江戸時代の天保の頃の街並みってどんな感じなのでしょうか。。

しかもこちらは、昼間・日が暮れかけているとき・夜など1日の移り変わりも体感することができるんだとか。。現在は天井修理中のため行けないようですが、修理が終わったら行ってみたいです!

しろいるか
しろいるか

私は小さな家のパノラマなどが好きなのでモダン大阪パノラマ遊覧の方も気になります。

両方常設展というのが、いつ行っても見れるので嬉しいですね。

大阪くらしの今昔館 へのアクセス

最寄りの天神橋筋六丁目駅からは徒歩1分で到着するようです!

前回と比べて交通の便が良くってびっくりしますね。。

りくろーおじさん

3箇所目はりくろーおじさんです!

時々あるグルメ枠となります。

りくろーおじさんは、焼きたてチーズケーキが有名なお店です。

このチーズケーキはふんわりしていてとっても美味しいんだとか。。

ふんわり美味しい秘密が公式HPに書かれていたので、書き出してみます!

  1. チーズに技あり:デンマークの伝統ある工場からこだわりのクリームチーズを直輸入→使用!
  2. 安心たまご:品質管理を徹底されたたまごを使用
  3. 新鮮な牛乳:出荷されたばかりの新鮮な牛乳を使用【ふんわり美味しいの大きな秘訣】
  4. ほんのり甘いレーズン:自家製シロップに漬け込まれた自慢のレーズンを使用

しかもこちらのお店は、

朝から夜まで焼きたてを!

ということで、開店から閉店までチーズケーキを焼き続けているそうです。

それだけ焼きたてが美味しいチーズケーキ、一度でいいから温かい状態で食べてみたいですね。

あざらし
あざらし

書いているだけで涎が出てきます。。

大阪グルメというとたこ焼きやお好み焼きも有名でもちろんそちらも美味しいのですが、このりくろーおじさんは気になっていたのに食べられていないものだったので今回改めて調べさせていただきました!

本当に早く食べたい気持ちです。。とてつもなく美味しそうです。。

りくろーおじさん なんば本店 へのアクセス

なんば駅からは徒歩2分だそうです!

こちらのりくろーおじさん なんば本店は、カフェが併設されているそうです。

大阪はやはり都会なようで、今回私が調べた場所は最寄り駅からどこも徒歩5分圏内でした!

アクセスが楽々で助かりますね。。

他にもたくさん面白そうな場所があったので、行く際にはあらかじめ調べておくのがよさそうです。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

前の町へ

次の町へ